FC2ブログ
topimage

石垣島でのセミナーが、八重山日報で報道

2012.09.06 Thu
今日の八重山日報に、九州沖縄防衛プロジェクトのセミナーが掲載されています。

■オスプレイで尖閣守れ 中国の脅威訴え集会
(2012/09/06 八重山日報)
http://bit.ly/RFC2ql

尖閣諸島が中国に侵略される事態に備え、MV22オスプレイを沖縄に早期配備するよう訴える集会が4日夜、石垣市健康福祉センターで開かれた。主催者を代表して、沖縄九州防衛プロジェクト代表の矢内筆勝氏は、中国人民解放軍について「中国は経済発展の裏で、完全に軍国主義の国として力を伸ばしている」と指摘。その上で「中国の狙いは尖閣と沖縄本島。万が一、米国が沖縄から撤退した場合は、いつ中国が沖縄に入ってきてもおかしくない」と警告した。



中国海軍が武力で尖閣諸島を奪取し、石垣島と西表島に侵攻するシュミレーションを示し「オスプレイがあれば40分で普天間から尖閣に駆けつけることができる。米国は中国の尖閣支配を阻止するために配備を急いでいるのが真実だ。皆さんの命、子どもたちの未来に危機が迫っている。声を上げ、世論を変えてほしい」と訴えた。

 シンクタンク沖縄尖閣を守る会代表の惠隆之介氏は「石原慎太郎都知事が、零細な石垣の漁民のために尖閣諸島に船だまりを作ってくれと国に言ったが、それは本来なら、仲井真弘多知事が言うべきだ。仲井真知事は、中国から観光客を呼ぶことばかり考えている」と批判。

 尖閣諸島を国有化する動きについては「野田政権は中国から都の購入を阻止しろという圧力をかけられているのだと思う。この1~2年で国民が目覚めなければ、日本は第二のチベットになる」と危機感を募らせた。

幸福実現TV「沖縄の今」

2012.09.02 Sun


8月30日放送。
防衛省と総務省への陳情の経過報告をさせていただきました。

大分県で日米共同訓練を終えた米海兵隊に感謝のメッセージ!

2012.09.01 Sat
大分県日出生台の日米共同による実弾訓練が終了。
今日、幸福実現党の党員のみなさんが、アメリカ海兵隊をお見送りしました。

感謝の思いを込めて、
「Thank you, USA. Thank you Marines」
の声をお届けしました。

5台のバスで帰路につく海兵隊のみなさんは、とても嬉しそうに身を乗り出して手をふっていました。

それを見ていた自衛隊の皆さんも、にこにこ笑顔で、とても爽やかな日になりました。

大分実弾訓練お見送り01

大分日米共同訓練お見送り02

防衛大臣・総務大臣へ要望書を提出しました

2012.09.01 Sat
 8月30日、「オスプレイ配備の早期実現」を求める沖縄の市民団体の代表団が上京し、防衛大臣、総務大臣に要望書を提出いたしました。

 
30日、代表団はまず、防衛省を訪問しました。


【防衛大臣への要望趣旨】

1.新型輸送機MV-22オスプレイへの代替を進める米政府と米軍に、積極的に協力し、同機の早期配備を実現すること。
2.オスプレイ配備反対派や、一部自治体に対してだけではなく、中間派、賛成派の県民が企画する「説明会」に参加し、安全保障の観点からオスプレイの「必要性」について、十分に説明すること。  


  ⇒「オスプレイの早期配備についての要望書」全文



 沖縄の代表団と、本土のメンバーが防衛省を訪問。
 防衛大臣は岩国基地訪問で不在のため、代理の方に要望書をお渡ししました。
防衛省要望書提出


 その後、約30分間にわたり、意見交換をさせていただきました。

防衛省意見交換

防衛省意見交換02




 次に総務省を訪問。「沖縄県に対する行政指導の要望書」を総務大臣宛に手渡しました。

【総務大臣への要望趣旨】

1.「オスプレイ配備に反対する県民大会」およびこれに類するあらゆる政治的集会において、自治体による無料バス借り上げ、公金を流用しての交通費補助を禁止するよう、沖縄県を行政指導すること。
2.公務員が勤務時間内に政治集会への寄付を募る行為、政治集会の運営に関わる行為を行うことのないよう、沖縄県を行政指導すること。


 ⇒ 「沖縄県に対する行政指導の要望書」全文

総務省要望書提出

総務省の担当の方に、今回の要望書提出の趣旨説明をしています。
総務省での説明01

那覇市役所で、県外の人間にも公費でバス無料券を配布している映像を、見ていただきました。
総務省での説明02


引き続き、総務省記者クラブ内で記者会見を行いました。
総務省記者会見01

総務省記者会見02


オスプレイ早期配備についての要望書

2012.09.01 Sat
オスプレイ早期配備についての要望書
2012年8月30日
防衛大臣 森本 敏 様
(要望者)
中国の脅威から尖閣・沖縄を守ろう実行委員会
沖縄の自由を守る会
代表  徳 留 博 臣

(要望趣旨)
1.新型輸送機MV-22オスプレイへの代替を進める米政府と米軍に、積極的に協力し、同機の早期配備を実現すること。
2.オスプレイ配備反対派や、一部自治体に対してだけではなく、中間派、賛成派の県民が企画する「説明会」に参加し、安全保障の観点からオスプレイの「必要性」について、十分に説明すること。

(理由)
 2010年9月7日の尖閣諸島沖中国漁船衝突事件以降、中国政府は尖閣侵略の意図を顕著とし、本年に入ってから幾度となく、同諸島周辺で公船による領海侵犯を繰り返しています。そしてこの8月15日には、香港から出港した中国の活動家14名が日本の領海を侵犯し、そのうち7名が我が国固有の領土である魚釣島に上陸するという暴挙に至り、14名全員が入管難民法違反(不法上陸)容疑および疑いで、那覇県警に逮捕され、その後、強制送還されました。

 こうした領土侵略の危機を受け、日本国民の生命・安全・財産を守り、我が国固有の領土を守るべく、政府は対中抑止力の強化に向けて、日米同盟に基づき米国にも最大限に協力を求めるとともに、地方自治体も政府の取り組みを積極的に支援するべきです。

 そんな中、米海兵隊の即応力・機動力を飛躍的に高め、尖閣・沖縄防衛の切り札になると目されるのが、米軍普天間飛行場への配備が予定されている輸送機MV-22オスプレイです。

 ところが県内では、同機を配備する安全保障上の「必要性」については、ほとんど議論されることはなく、その「危険性」のみを過度に強調し、配備への反対を煽り立てる世論形成の動きは、明らかに冷静さを欠いていると言わざるを得ません。

 オスプレイ配備反対は、断じて、私たち沖縄県民の総意ではありません。そのあらわれとして、去る8月4日、那覇市内で開催された「中国の脅威から尖閣・沖縄を守ろう!県民集会」(主催:中国の脅威から尖閣・沖縄を守ろう!実行委員会[代表・徳留博臣])には、尖閣・沖縄を守るためのオスプレイ配備を求めて、約500人の沖縄県民が参加しています(※添付資料:8月5日付・八重山毎日新聞参照)。

 また、石垣島でもオスプレイ歓迎の住民運動が起こっていることや(※添付資料2012年8月24日付星条旗新聞 参照)、県内各地に「オスプレイ歓迎」の横断幕が多数掲げられていることからも(※添付資料:8月24日付zakzak参照)、県民の中には「オスプレイ容認」の声が数多く存在しています。

 このように、多くの県民は「オスプレイ反対」ではなく、目前に迫る中国の尖閣・沖縄への侵略の危機から、自分たちと家族の生命、安全、財産が守られることを望んでいます。したがって、オスプレイの安全性についてはもとより、島嶼防衛という観点からみたオスプレイ配備の必要性について、さらには緊迫する南シナ海、および沖縄を取り囲む国際情勢について、安全保障の観点からのきめ細かなご説明をいただければ、オスプレイ配備に対して中間派の多くの県民が納得するものと思われます。

 MV-22オスプレイ配備反対派は、反対の根拠として、「県民の生命と安全を守るため」という言葉を盛んに用いておりますが、現に沖縄が他国からの侵略の危機に直面している今、島嶼防衛の要と言われるMV-22オスプレイの配備を早期に実現することこそが、県民の生命と安全を守る最善の道と、実は県民の多くが感じています。

 老朽化したCH-46から新型輸送機MV-22オスプレイへの代替を進める米政府と米軍に、積極的に協力し、同機の早期配備を実現していただくよう、防衛大臣にお願い申し上げます。




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新記事

リンク

防衛チャンネルロゴ小
羅援少将の「尖閣占領のための六大戦略」動画
矢内筆勝の尖閣防衛宣言

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリ

尖閣防衛宣言 (6)
プロジェクト本部からのお知らせ (11)
ゆんたくシーサー (5)
セミナー&イベント情報 (3)
中国情報 (101)
尖閣情報 (106)
沖縄情報 (51)
北朝鮮情報 (2)
安全保障ニュース (36)
日本を守る!速報ニュース (4)
資料 (1)
コラム (5)
書籍・チラシ (0)
未分類 (7)
沖縄・九州現地レポート (36)

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
日本を守る!ニュース速報
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

メルマガ登録・解除
日本を守る!ニュース速報
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

オススメ書籍

Tree-LINK

月別アーカイブ

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック

最新コメント

プロフィール

bouei7

Author:bouei7
FC2ブログへようこそ!