FC2ブログ
topimage

オスプレイ「敬意表する」と岩国市長

2012.09.15 Sat
■オスプレイ「敬意表する」と岩国市長
沖縄との違い、浮き彫りに


(2012/09/13 八重山日報)

「真摯に対応してもらっていると敬意を表する」。森本敏防衛相との12日の会談で、山口県岩国市の福田良彦市長は「期待の安全性に問題はない」とする政府の説明に言って居の理解を示し、配備への反発が強まる沖縄との認識の違いが明らかになった。

「早朝から大変お疲れさまでございます」。立って一礼して防衛相を迎えた福田市長。メモを取りながら、防衛省側の説明に耳を傾けたが、険しい表情を浮かべることはなかった。防衛相が「市長には大変ご苦労をかけ、ご理解いただきお礼申し上げる」と安堵の表情を見せる場面も。

(中略)

 山口県庁で行われた森本防衛相との会談で、山本繁太郎知事は政府側の説明に終始笑顔で応じた。「(オスプレイが)大変な技術革新の末に用意された装備なのに、人的要因で事故が起きるとはどういうことか」と疑問を投げかけ、担当者から説明を受けると、「よく理解できました」。最後は防衛相との握手で締めた。一方、会談後の記者団の取材には「安全性全体への懸念はまだ残る。国の結論を待つしかない」と話した。




※参考 
沖縄タイムス社説「[森本防衛相再来県]大会直後だというのに」

 森本敏防衛相が11日、来県する。県民大会の直後に、大臣は何をしに来るのか。6月に米フロリダ州で起きた米軍の垂直離着陸輸送機CV22オスプレイの墜落事故について、「人的要因が大きい」との分析結果を仲井真弘多知事や佐喜真淳宜野湾市長に説明し、配備への理解を求めるのだという。事実だとすれば、あまりにも無神経な振る舞いだ。住民感情への配慮が一かけらもない。……

安全保障ニュース一覧

2012.09.15 Sat
中国は「尖閣に攻めてこない」 自民・石原氏が断言(産経)9/12
強硬中国 先兵は海洋調査船「海監」? 困惑する政府、監視態勢でも出遅れ(産経)9/12
オスプレイ報告 速やかに本格運用始めよ(産経)9/12
事故調査、岩国市長「信頼おける」 オスプレイ(共同通信)
官邸が有事演習を初主催 第1弾は北ミサイル 尖閣占領シナリオも(産経新聞)
北海道千歳で日米共同訓練=米軍再編、岩国から戦闘機―海兵隊と空自(時事通信)
南沙諸島近くに米海兵隊拠点 フィリピン軍基地整備(共同通信)

空自新田原基地:F15増機計画に地元反発 「危険増受け入れぬ」 /宮崎

2012.09.13 Thu
(2012/09/13 毎日新聞)
http://mainichi.jp/area/miyazaki/news/20120913ddlk45010527000c.html

航空自衛隊新田原基地(新富町)にF15戦闘機20+件約10機を新たに配備する防衛省の計画が浮上した。既に県や地元自治体に説明を始めたという。飛行訓練などの騒音被害に悩む新富町の土屋良文町長は「これ以上の騒音や危険度が増えることは到底受け入れられない」と反発している。

 新田原基地には00年、戦闘機20+件パイロット養成部隊「飛行教育航空隊」が編成された。計画では13年度末、訓練用のF15約10機が追加されて約30機になる。

 町防災基地対策課によると、基地では午前と午後に各4回、4、5機が離着陸し、その度にごう音がとどろく。町は毎年、住宅の防音工事推進を国に要請しているが、対策は不十分という。

 土屋町長は7日、説明に訪れた九州防衛局の担当者らに「町民は日々、騒音被害を受けている。課題が解決されない中での負担増は受け入れられない」と反対の立場を伝えた。

 県危機管理課は「配備の理由は理解できるが、訓練の数が増えるので、地元にきちんと説明してほしい」と話す。【中村清雅】

嘉手納:F22飛来、最多22機 嘉手納基地/沖縄

2012.09.13 Thu
(2012/09/13 毎日新聞)
http://mainichi.jp/area/okinawa/news/20120913rky00m010002000c.html

【嘉手納】米軍嘉手納飛行場に12日午後、ステルス戦闘機F22Aラプター10機が新たに飛来した。周辺自治体への事前通知はなかった。同飛行場には、既に12機が7月から暫定配備されており、22機のF22が嘉手納に集中しているとみられる。2007年2月にF22が同飛行場に初飛来して以来、最大数となっている。北谷町役場には同日、「騒音がうるさい」との苦情も寄せられた。

 F22は低酸素症に似た症状を訴える操縦士が相次いだため一時運用を停止。その後米軍は、改善策を施したとして制限付きで運用を再開。6カ月の予定で7月から嘉手納に12機が暫定配備されている。

 沖縄防衛局によると、10機は米アラスカ州エレメンドルフ基地所属。通常展開のためグアムに移動する途中に立ち寄ったもので、嘉手納での訓練はないという。13日にもグアムへ向け離陸するとしている。

 當山宏嘉手納町長は「今回の飛来が嘉手納駐留の布石になるのは許されない。これが恒常的に(嘉手納で)運用されるならとんでもない」と話し、配備強化につながる可能性を危惧した。

西宮中国大使が意識不明 自宅近くで倒れる

2012.09.13 Thu
(2012/09/13 産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120913/crm12091312350008-n1.htm

13日午前8時45分ごろ、西宮伸一駐中国大使が東京都渋谷区松濤の自宅近くの路上で倒れて意識不明となり、都内の病院に救急搬送された。警視庁渋谷署によると、病気が原因で事件性はないとみている。

 西宮氏は、民間出身の丹羽宇一郎氏の後任として11日付で駐中国大使に就任したばかりで、10月に赴任する予定で国内で準備を進めていた。

 同署によると、通行人の女性が「男性がうつぶせの状態で倒れている」と110番通報があった。女性は直前まで西宮大使が1人で立っているのを見ていたという。西宮大使は上下スーツ姿で、出勤途中だったとみられる。

 西宮氏は直前までは、次官級と位置付けられる経済担当外務審議官としてアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議や環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉への日本参加をめぐる対米など各国との調整を担当し、ロシア・ウラジオストクで今月8、9日に開かれたAPECの際の野田佳彦首相と胡錦濤国家主席の日中首脳による非公式会談にも立ち会った。

 外務省によると、大使は通常発令後40日以内に前任の大使から国内で引き継ぎを受けた後に着任するという。

 現場近くを通りかかった男性会社員(40)は「救急車や消防車が止まっていて、路上に倒れた男性に救急隊員が心臓マッサージをしているのが見えた」などと話した。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新記事

リンク

防衛チャンネルロゴ小
羅援少将の「尖閣占領のための六大戦略」動画
矢内筆勝の尖閣防衛宣言

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリ

尖閣防衛宣言 (6)
プロジェクト本部からのお知らせ (11)
ゆんたくシーサー (5)
セミナー&イベント情報 (3)
中国情報 (101)
尖閣情報 (106)
沖縄情報 (51)
北朝鮮情報 (2)
安全保障ニュース (36)
日本を守る!速報ニュース (4)
資料 (1)
コラム (5)
書籍・チラシ (0)
未分類 (7)
沖縄・九州現地レポート (36)

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
日本を守る!ニュース速報
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

メルマガ登録・解除
日本を守る!ニュース速報
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

オススメ書籍

Tree-LINK

月別アーカイブ

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック

最新コメント

プロフィール

bouei7

Author:bouei7
FC2ブログへようこそ!