topimage

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本への経済制裁 4つの選択と5つの原則

2012.09.18 Tue
(2012/09/18 中国網)
http://japanese.china.org.cn/business/txt/2012-09/18/content_26560198.htm

釣魚島問題はさらにエスカレートし、政策決定者と民衆は中日間の経済貿易戦を選択するときを迎えた。

日本に対する経済制裁の分野

中国の対日輸出は日本からの輸入より少ないため、中国は双方が損失を被る経済貿易戦で日本により多くの代償を払わせることができる。中日両国の比較優位を見ると、以下の分野で日本に対して経済制裁を採ることができる。

貨物輸入。輸入能力イコール権力である。中国は日本の主な輸出市場であり、2011年の日本の対中輸出は輸出総額の23.7%を占めた。そのため、日本製の輸入、特に右翼勢力と関係を持つ日本企業の商品をボイコットすることで、日本に大きなダメージを与えることができる。

しかし、日本の消費財、中でも支配株主や経営陣が右翼勢力と関係を持つ日本企業の商品を選ぶ必要がある。自身に害を与えないようにするため、国内や国際市場に代わりの供給源がない限り、中間投入物や生産設備などを盲目的にボイコットしてはいけない。

貨物貿易。レアアースのような中国が国際市場の大部分を占める戦略的資源は、日本に対して輸出制限するもっともふさわしい製品である。

サービス貿易。最大の突破口となるのは日本観光の減少である。激増する中国人の海外旅行は各国から注目されている。中国の出国者数は2006年の3452万4000人から2010年には7025万人に増加、観光関連の支出は前年の548億8000万米ドルから725億8500万ドルに激増した。訪日観光の減少は、日本の観光と関連産業に大きな打撃を与える。

対外直接投資(FDI)。ボイコット中に中国企業が合弁パートナーを選ぶ際、同じ条件下では日本以外の提携相手を選ぶべきである。しかし、中日間の矛盾が極度に激化しない限り、政府は日系資本に対して特別に市場参入制限を設けるべきではない。

日本に対する経済制裁の5つの原則

中国は以下の原則を十分に踏まえた上で経済制裁を導入すべきである。

1. 最終目標を決める。釣魚島問題に関して、「日本に措置を講じてどんな目的を果たしたいか」「どの段階まで行うか」を検討する必要がある。

2. 制裁によって中国の現実的、潜在的な敵対国が結託して中国をけん制する動きが強まらないようにする。特に、闘争や制裁が、覇権国が中国に対する統一戦線に直接関与、組織するきっかけにならないようにしなければならない。釣魚島問題について、どのように措置実施後の抑制効果を維持し、周辺国を米国側につかせないようにするかを検討する必要がある。

3. 制裁と闘争が、覇権国が軍事に直接干渉するきっかけにならないようにする。釣魚島問題について、中国はどのように米国に直接関与させないかを検討しなければならない。世界1位、2位の大国が直接的な領土紛争がない中で武力衝突することは、両国だけでなく、世界に対しても無責任な行動である。

4. どのように程合いをわきまえるか。どうすれば中国による経済制裁の適度な導入が世界の経済・貿易秩序に大きな打撃を与えずに相手国を脅かすことができるか。どのように世界の経済・貿易秩序の一時的な妨害でそれ以上長期にわたる安定を実現するか。どうすれば他国の中国に対する経済・貿易の不確定性を高めないで済むか。どのように多くの貿易相手国の中国との貿易意欲を維持するか。

5. いかに程合いをわきまえ、中国自身の経済運営への影響を最小限にとどめるか。

中日の経済・貿易を見ると、日本の対中輸出商品は中間投入物と生産設備が多い。その上、日本は世界の先進製造業において、中間投入物と生産設備の主な提供者という重要な立場にあり、中でも自動車産業や電子産業でその傾向が強い。中国が日本から輸入する多くの商品は代わりの供給源が見つかりにくく、代わりのないものもある。昨年の東日本大震災が世界の電子市場を大きく揺るがしたのもこの理由からだ。

このような状況下で、こういった日本の製品の輸入をやめれば、自身の産業、輸出、雇用に害を与えることになる。中国のこれらの先進製造業が一定のレベルに発展すれば、日本製をボイコットしても自身に害を与えず、それどころか中国の先進製造業の発展を促すことができる。

世界の新たな産業移転と中国の産業グレードアップが進む中、中国は良好な人的資源、完備された産業体系、優れたインフラ、高い政治とマクロ経済の安定性によって、人気の新興産業の投資先、海外の先進製造業の移転先になる。日本やその他の国の製品を盲目的にボイコットすれば、グローバル産業チェーンの正常な運行を妨げ、中国の先進製造業の不確定性を高め、先進製造業の中国移転の動きを阻み、中国自身の持続的発展の潜在力にも害が及ぶ可能性は大いにある。

厳しい国際競争がある中、強い愛国心と「冷静から冷酷まで」の理性的思考のどれも欠けてはならない。領土主権を守るための闘争では特に程合いをわきまえ、その結果が逆効果にならないようにしなければならない。



「中国網日本語版(チャイナネット)」2012年9月18日
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bouei7.blog.fc2.com/tb.php/283-130fdd4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大量の中国漁船尖閣行きを否定=「禁漁明けと勘違い」-11管本部長 «  | BLOG TOP |  » 大漁船団、尖閣上陸か 「開戦」なら八重山が主戦場

最新記事

リンク

防衛チャンネルロゴ小
羅援少将の「尖閣占領のための六大戦略」動画
矢内筆勝の尖閣防衛宣言

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

尖閣防衛宣言 (6)
プロジェクト本部からのお知らせ (11)
ゆんたくシーサー (5)
セミナー&イベント情報 (3)
中国情報 (101)
尖閣情報 (106)
沖縄情報 (51)
北朝鮮情報 (2)
安全保障ニュース (36)
日本を守る!速報ニュース (4)
資料 (1)
コラム (5)
書籍・チラシ (0)
未分類 (7)
沖縄・九州現地レポート (36)

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
日本を守る!ニュース速報
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

メルマガ登録・解除
日本を守る!ニュース速報
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

オススメ書籍

Tree-LINK

月別アーカイブ

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック

最新コメント

プロフィール

bouei7

Author:bouei7
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。