topimage

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国辱の日を銘記 中国には釣魚島の主権を守る力と自信がある(人民網)

2012.09.18 Tue
(2012/09/18 人民網)
http://j.peopledaily.com.cn/94474/7952237.html

9月18日というこの特別な日にあって、われわれは日本に注意を促す必要がある。「中華民族が他国に思うがままに虐げられた時代はすでに過ぎ去り、もう戻ることはない。歴史の最終結論に挑戦し、正しい道理や正義に盾突き、中国固有の領土である釣魚島(日本名・尖閣諸島)を高望みする悪辣な行為は失敗する運命にあるのだ」と。

81年前の今日は中華民族にとって国辱の日だ。

1931年9月18日深夜、日本の関東軍は九一八事変(柳条湖事件)を故意に引き起こし、中国東北軍の駐屯地と瀋陽に進攻。狂気じみた中国侵略戦争を開始した。九一八事変は中国人民抗日戦争の出発点だ。中華民族は万民が心を一つにして堅固な城塞を築き、共に敵に憤怒を抱き、国難に立ち向かい、最終的に抗日戦争の輝ける勝利を勝ち取り、世界反ファシズム戦争にも不朽の歴史的貢献を果たしたのだ。

われわれは国土が陥落した当時の痛ましい歴史を忘れることは断じてできない。立ち後れ、分裂すれば殴られるという厳しい教訓を忘れることは断じてできない。侵略戦争を発動し、最終的に敗戦国に成り果てた日本も、正義と邪悪、光と闇の力比べに別の結末はないということ、中華民族が他国に思うがままに虐げられた時代はすでに過ぎ去り、もう戻ることはないということ、歴史の最終結論に挑戦し、正しい道理や正義に盾突き、中国固有の領土である釣魚島を高望みする悪辣な行為は失敗する運命にあるということを銘記しなければならない。

釣魚島問題における日本のする事なす事は世界反ファシズム戦争の勝利の成果に対する公然たる否定であり、戦後国際秩序に対する重大な試練である。第二次世界大戦終結後、カイロ宣言とポツダム宣言に基づき、中国は日本に侵奪・占拠された台湾、澎湖諸島などの領土を取り戻した。釣魚島とその付属島嶼は国際法上、すでに中国に復帰しているのである。

日本に中国の領土主権を公然と侵害させているものは何か?1つの重要な原因は、日本が過去の侵略戦争と植民地支配について真摯に悔い改める気持ちを持たず、軍国主義による侵略の罪の責任に対する正しい認識と深い反省を欠いていることにある。歴史観がしっかりしていなければ自らを律するのは困難だ。釣魚島とその付属島嶼のいわゆる「国有化」は、日本の誤った歴史観が現実世界で再び発作を起こしたものだ。この茶番は「歴史と現実は切り離しがたく、歪んだ観念は極端な行動を招く運命にある」ということを、はっきりと映し出す鏡だ。

近年、日本は平和憲法に背き、周辺国との関係を悪化させ、公然と戦争犯罪人の無実を訴え、その霊魂を呼び戻している。数々の恐れ知らずの行動が、アジア各国を強く警戒させている。われわれは日本に再び注意を促す必要がある。「日本はまだ贖罪を終えておらず、世界反ファシズム戦争の勝利の成果に基づく国際秩序は依然強い現実的意義を備えているのだ」と。

立ち後れれば殴られる。これは中国人民が近代以降、外国に幾度も侵略された悲惨な経験から導き出し、心に深く刻み込んだ教訓である。国はまず自らが強くなって初めて、世界で自立することができる。早くも1985年に中国の指導者、トウ小平は「中国は現在、世界の平和と安定を守るパワーであり、破壊するパワーではない。中国が発展してより強大になるほど、世界の平和は確かなものになる」「中国が発展すれば、戦争を制約する平和のパワーは大幅に強化されるだろう」と述べている。平和がなければ、発展など語りようがない。発展を失い、実力を欠けば、平和を享受することも守ることもできない。われわれは発展という最重要課題を揺るぎなく押え、重要な戦略的好期をしっかりと捉え、国内の事をよりしっかりと行い、祖国をより強大にし、経済力、科学技術力、国防力、民族の団結力をたゆまず強化しなければならない。これはわれわれにとって国の主権を守り、いかなる外国の侵略も打ち砕くうえでの堅固な基礎だ。

今日の中国は81年前の「九一八事変」時の中国とは大きく異なる。経済は発展し、社会は安定し、人民は安らかで健やかに過ごし、近代化事業は世界の注目する多大な成果を挙げている。中国には国の領土主権を守るに十分な力と自信がある。われわれの頭上で乱暴な振る舞いをすることは誰にもできないし、いかなる外国の挑発も思い通りにはならない。

日本政府による釣魚島およびその付属島嶼である南小島と北小島のいわゆる「国有化」以来、中国政府は釣魚島に対する主権を示し、強化する一連の措置を講じた。国内外の中華民族は愛国の情熱を高め、日本政府の不法で無効な行いを厳しく非難している。こうした全ては釣魚島に対する中国の主権を有力に強化し、中国の領土主権を侵害しようと増長する日本に打撃を与えた。今後も中国は事態の推移に従い、力強い措置を真っ向から講じ、国の領土主権を確固不動として守る。

釣魚島は中国のものだ。正しい道理は中国の側にあり、時間も中国の側にある。



「人民網日本語版」2012年9月18日
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bouei7.blog.fc2.com/tb.php/280-52670c98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

尖閣周辺海域のすぐ近くで漁船数隻が漁を行っているのを確認 «  | BLOG TOP |  » 「九一八事変」81周年 釣魚島は将来だれのものになるか(中国網)

最新記事

リンク

防衛チャンネルロゴ小
羅援少将の「尖閣占領のための六大戦略」動画
矢内筆勝の尖閣防衛宣言

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

尖閣防衛宣言 (6)
プロジェクト本部からのお知らせ (11)
ゆんたくシーサー (5)
セミナー&イベント情報 (3)
中国情報 (101)
尖閣情報 (106)
沖縄情報 (51)
北朝鮮情報 (2)
安全保障ニュース (36)
日本を守る!速報ニュース (4)
資料 (1)
コラム (5)
書籍・チラシ (0)
未分類 (7)
沖縄・九州現地レポート (36)

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
日本を守る!ニュース速報
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

メルマガ登録・解除
日本を守る!ニュース速報
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

オススメ書籍

Tree-LINK

月別アーカイブ

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック

最新コメント

プロフィール

bouei7

Author:bouei7
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。