topimage

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔の「海上覇権国」を今も夢見る日本

2012.08.04 Sat
(2012/08/04 中国網)
http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2012-08/03/content_26117714.htm


日本政府は7月31日、2012年版防衛白書を発表した。その冒頭には、日本の森本敏防衛大臣が表明した「海洋の安全確保は日本の繁栄に不可欠だ」という観点が記され、本文にも海洋の安全確保に関する具体策が書き連ねられており、その動向には十分な警戒が必要だ。日本は海洋の安全確保の強化を主張しながらも、中国が関連の国際法に則って行う正常で合理的な海洋活動を不当に非難していることから、本当の動機は海洋権益を奪い、昔の海上覇権国という夢を再現することではないかと疑わずにはいられない。

歴史を振り返ると、日本は海洋権益意識が極めて強い国だとわかる。日本は19世紀末から20世紀前期にかけて、海上覇権争いを中心に対外侵略を進め、制海権の獲得、重要な海洋航路の支配、日本に極めて重要なエネルギー資源の輸入の海洋ルートの安全確保は、日本の海洋覇権争いのテーマとなっていた。

冷戦後、特に21世紀に入ってからの1~2年、日本は海洋権益を再獲得する意志を示した。沖ノ鳥礁(日本名:沖ノ鳥島)の管理を強化し、島でない岩礁を島と言い張るなど、その目的は周辺の200海里の排他的経済水域(EEZ)の支配権を獲得することだった。そのほか、沖ノ鳥礁は西太平洋の第一列島線と第二列島線の間の戦略的位置にあることから、日本が完全に支配すれば、西太平洋の要地を守り、中国などの他国の往来を抑制することができる。
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bouei7.blog.fc2.com/tb.php/122-119072ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

沖縄県民が「尖閣危機とオスプレイ配備賛成」県民集会を開催!!  «  | BLOG TOP |  » 日本の軍事的対抗、第二次世界大戦の二の舞に(中国網)

最新記事

リンク

防衛チャンネルロゴ小
羅援少将の「尖閣占領のための六大戦略」動画
矢内筆勝の尖閣防衛宣言

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

尖閣防衛宣言 (6)
プロジェクト本部からのお知らせ (11)
ゆんたくシーサー (5)
セミナー&イベント情報 (3)
中国情報 (101)
尖閣情報 (106)
沖縄情報 (51)
北朝鮮情報 (2)
安全保障ニュース (36)
日本を守る!速報ニュース (4)
資料 (1)
コラム (5)
書籍・チラシ (0)
未分類 (7)
沖縄・九州現地レポート (36)

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
日本を守る!ニュース速報
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

メルマガ登録・解除
日本を守る!ニュース速報
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

オススメ書籍

Tree-LINK

月別アーカイブ

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック

最新コメント

プロフィール

bouei7

Author:bouei7
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。