fc2ブログ
topimage

野田首相が靖国参拝すれば、中日関係新たな局面に=人民日報

2012.07.17 Tue
中国の人民網(人民日報)が、8月15日の野田首相の靖国参拝について、「万一野田氏が正気を失い、本当に靖国神社を参拝すれば、中日関係が新たな大後退期を迎えるのは必至だ。」という記事を掲載しています。


  ◆ ◆ ◆

■日本は東アジアの民意を対立へと導いてはならない
(2012/07/17 人民網)
http://j.people.com.cn/94474/7877932.html

 日本のあるメディアが先日、野党議員の話として野田首相が8月15日の靖国神社参拝を画策していると報じた。野田首相は就任当初に任期中の不参拝を明確に表明しており、この報道が真実とは限らない。もちろん日本の政界には常に可変的要素があり、こうした報道が出たことは参拝を煽っている人物が確かにいることの反映だ。(「環球時報」社説)

 万一野田氏が正気を失い、本当に靖国神社を参拝すれば、中日関係が新たな大後退期を迎えるのは必至だ。野田氏は政治的窮地に陥れば首相の座を守るためには何事も顧みず、中日関係が後退するかどうかも二の次になるとの分析もある。

 この分析は仮説に過ぎないが、中日友好を望む人々にとっては背筋が寒くなる話だ。日本の政界では過激な右翼の手法を用いて個人や党派の支持率を高めることが繰り返されてきた。中日間で懸案となっているいくつかの紛争において、主導的に手管を変え、衝突を袋小路へと引きずり込んできたのがいつも日本側であったことに、われわれは難なく気づくだろう。

 アジアの歴史、領土衝突において「民主」の日本は良い模範を示していない。民主は本来良いことだが、両刃の剣でもある。日本の「民主」が社会の様々な対外的敵意を解き放ち、最も過激な勢力の影響力を拡大している時には、人々に警鐘を鳴らす必要がある。

 現在アジア全体で民主化が進んでいるが、民主を通じて係争を制御した経験はほぼゼロだ。中国でも民意が急速に解き放たれており、中日間で民意の大きな対立が形成されつつある。これは始まりに過ぎないのかもしれない。少なくとも中国には今まで石原慎太郎のような極端な民族主義指導者は現れていない。それでも日本は中国民間の反日感情の激しさをすでに感じているようだ。

 民意と民意の対立は政府主導の対立よりも解消が困難だ。アジアは各国間の民意の競争、さらには全てを示して決着を迫る段階へと向かっているのだろうか?もし日本が率先してそのように促すのなら、この状況が最終的に固定化し、アジアは妥協の余地を失うことになる可能性が高いというのがわれわれの判断だ。

 中国世論の開放過程において、人々は民意が外交に与える力についての理解が一貫して不足している。釣魚島(日本名・尖閣諸島魚釣島)や靖国神社における日本世論の表出は、実は中国人にとって重要な参照対象となっている。中国世論の激しさ、中国人の手法は、いずれも意識的または無意識的に日本を見習ったものだ。

 政府の力だけで紛争を解決できる時代は、アジアではほぼ過ぎ去った。各国の政策決定に最大の影響力を与えているのは民意だ。だがもし各国政府が民意に対する理性的な誘導を完全に放棄すれば、アジアは極めて不確定な未来に直面することになる。戦争勃発の可能性を否定することも決してできない。

 民意間の対立は東アジア各国の核心的利益への理解を領土紛争に容易に集中させる。同じく核心的利益である「発展」は世論への訴求力を次第に失っていく。「1つの島のために発展を犠牲にしてもよい」。これが現在の東アジア各国におしなべて見られる対立姿勢だ。

 「全てを投げ打ってでもやる」が最終的にアジア各国の選択になる可能性がある。こうした主張は現時点ではまだ多かれ少なかれ外交姿勢あるいは「腹立ちまぎれの言葉」の範疇に過ぎないが。地域の平和または対立は少しずつ積み重なっていくものであり、プログラムのように思い通りに修正できるものでは決してない。東アジアの対立がひとたび固定化してしまえば、後戻りは困難だ。

 日本政府はその「民主」の表出に対して責任ある誘導力を発揮しなければならない。石原慎太郎に代表される社会的感情に主導権を握られてはならない。その基本的な理性を他のアジア諸国にはっきりと見せるべきだ。さもなくば各国間の誤った判断や対立がどんどんエスカレートするだけだ。

 中国では外交への民意の影響力が次第に高まっている。これが政策形成過程にいくらか反映されることは確実で、一部の国は中国との新たなすり合わせが必要となる。こうした国々がこのすり合わせを拒絶するのは非現実的だ。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年7月17日
スポンサーサイト



民意が解放軍を強硬化させる恐れ 日本は情勢を見誤るべからず(中国網より)

2012.07.17 Tue
■民意が解放軍を強硬化させる恐れ 日本は情勢を見誤るべからず
(中国網 2012/07/17)
http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2012-07/17/content_25930074.htm

 中日の釣魚島(日本名・尖閣諸島)をめぐる勝敗は激しさを増しているが、仔細に見れば、どれもが釣魚島の主権の再度表明なのである。どちらかが自らの立場から退くことのないのは明白だが、仮にいずれかが一歩前へと進めば、相手側の報復的な抵抗を呼び、向かい合う怒りあらわな2つ顔がますます近づくことになる。


県民、郡民大会絶対反対(八重山日報)

2012.07.17 Tue
■県民、郡民大会絶対反対 宮良 長和(2012/07/17 八重山日報より)
http://bit.ly/NPJHjy

 オスプレイは事故を何回か起こしたから危険だという。調べたことはないが、自転車、オートバイ、車はもっと頻繁に事故を起こしているのではないか。絶対無事故安全社会にしたかったら、それらも全部廃止したらよかろう。

 一体何の為にオスプレイを配置するのか。尖閣を守る為ではないか、起こるか起こらないか解らない事故と尖閣を守るのと、どちらが大事か。たとえ起こっても多数の人間が犠牲になる戦争とは違う。

 沖縄には日本中の極左だけでなく、中国からも沖縄の反基地運動の応援に来ていると聞く。沖縄の中でも知事を筆頭に中国に帰属したい人々が居るという。
 多数決の世の中だから、そんな考えの人々のほうが多ければ、反中国派が出て行く外はない。

 県民大会、郡民大会をしたければすればよかろう。しかし名前が県民、郡民大会では紛らわしい。親中県民大会、親中郡民大会なら文句ない。

 それとも事故を超こすから、オスプレイは勿論、自転車、オートバイ、車、旅客機、戦闘機、輸送機、全部反対でもいい。しかし、本音はオスプレイ反対ではなく米軍は出て行け、ということだろう。

オスプレイが日本を救う日

2012.07.17 Tue
◆オスプレイが日本を救う日(2012/07/17 産経新聞)
論説委員長・中静敬一郎
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120717/plc12071707390007-n1.htm

 「危険な飛行機」という烙印(らくいん)を一方的に押されている垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが、日本の危難を救う「切り札」になりうることをご存じだろうか。

 沖縄・尖閣諸島が占領されるという有事の場合、奪還する能力に乏しい日本は米海兵隊に出動を要請せざるを得ないという極めて情けない事態が起こりうるからだ。

 問題は、「専守防衛」という空虚なスローガンに縛られ、自衛隊が奪還に必要な攻撃力、いわば海上の軍艦から海と空を経由して陸地に乗り込んで作戦を実施する水陸両用戦能力をほとんど持たずにきたことなのである。

 こうした能力の一端を担うのがオスプレイだ。揚陸艦などから空を経由して陸地に海兵隊員や資材を送り込む。しかもこれまでの老朽化が著しいCH46ヘリコプターに比べ、最大速度、搭載量、行動半径などは格段に高い性能を備えている。

 尖閣諸島は沖縄本島の那覇から西南約420キロに位置する。CH46の行動半径140キロに対し、オスプレイは約4倍の600キロだ。尖閣有事には配備予定の普天間飛行場から即応できるのである。


 安全性については開発段階での4回の事故に加え、普天間配備通告目前にモロッコと米フロリダ州で事故を起こした。フロリダの事故は空軍仕様のCV22だ。運用はMV22が人員・物資輸送、CV22は特殊作戦用という違いがある。10万飛行時間あたりの事故件数はCV22で13.47だが、MV22は1.93にとどまり、海兵隊所属のヘリを含む航空機の平均事故率2.45より低い。

 佐々木類特派員によると、MV22は2013年から大統領に随行するスタッフらの移動に使われるという。最大限の安全確保が要求されるワシントン上空での運用に関し、米軍が太鼓判を押したと報じた。もう少し耳を傾けるべきではなかろうか。「オスプレイ恐怖症」で問題は解決しない。直視すべきは奪還能力を欠く自らの非力さである。

オスプレイ 沖縄にこそ配備必要 幸福実現党 山口 岩国街宣

2012.07.17 Tue


2012年7月8日(日)山口県岩国市で行われた、「オスプレイ 一時駐機支持活動」のもようです。

主催 幸福実現党 山口県本部 徳山後援会
協賛 幸福実現党 広島県本部

読む!幸福実現TV「日本の国土を守れ!沖縄・離島からの報告」

2012.07.17 Tue
6月28日に放映された「幸福実現TV 第68回「日本の国土を守れ!沖縄・離島からの報告」の内容が、文字でも読めるようになりました。

※テキスト版はこちら

幸福実現党・女性局長の竜の口法子、沖縄・九州防衛プロジェクト長の矢内筆勝が出演し、沖縄からの活動報告を行いました。



テキスト版(文字起こし)は、こちらからどうぞ

【読む!幸福実現TV】 第68回「日本の国土を守れ!沖縄・離島からの報告」
http://www.hr-party.jp/new/2012/26871.html

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新記事

リンク

防衛チャンネルロゴ小
羅援少将の「尖閣占領のための六大戦略」動画
矢内筆勝の尖閣防衛宣言

カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

尖閣防衛宣言 (6)
プロジェクト本部からのお知らせ (11)
ゆんたくシーサー (5)
セミナー&イベント情報 (3)
中国情報 (101)
尖閣情報 (106)
沖縄情報 (51)
北朝鮮情報 (2)
安全保障ニュース (36)
日本を守る!速報ニュース (4)
資料 (1)
コラム (5)
書籍・チラシ (0)
未分類 (7)
沖縄・九州現地レポート (36)

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
日本を守る!ニュース速報
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

メルマガ登録・解除
日本を守る!ニュース速報
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

オススメ書籍

Tree-LINK

月別アーカイブ

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック

最新コメント

プロフィール

bouei7

Author:bouei7
FC2ブログへようこそ!